初めてのアルバイト先を見つける

以前の方法と比較

自分の足でアルバイトを探すのは、本来行われてきた方法でしょう。アルバイトの募集方法がそこまでなかった時に、まずは店頭などに募集の張り紙をしていたからです。自分の足ということでは、知り合いに頼むというのも方法といえます。この方法は自分で探していくため、環境もはっきりと認識できるところにメリットがあるでしょう。知り合いから情報を得られるということでも、信頼できる内容になりやすくなります。

最大の問題は、分母が少なくなってしまうところです。情報の数は少なく、なかなか希望しているものが見つけられないことが出てきます。逆に気に入っているようなところの募集を見かけて、そこからアルバイトをする気持ちになったりすることもあるため、きっかけとしては有効です。

次に増えてきたのは、情報誌や新聞の広告に掲載されている求人情報でしょう。地域密着のものが多く、利用も盛んにされてきました。アルバイト情報といえばこれだったことは間違いありませんが、時代の変化とともに、数が激減してきています。

理由は、掲載料と情報量の2点にあるのは間違いありません。料金のわりに見てくれる人が減ったのは、スペースが限られていることと、情報誌を手に入れなければ気が付かないからです。その割に費用がかかることから、情報サイトに打って変わられたともいえます。例外的に年齢層が上の人を対象とする場合には、新聞が有効であることは間違いありません。